トミック(YouTuber)結婚して嫁がいる?魚をさばける理由とサイコパスと言われる理由を調査!

魚捌きの名人として知られ、数々の魚を捌いてきたトミック。

今回はトミックの嫁と魚を捌ける理由、サイコパスと言われている理由をご紹介します。

過去には熱愛報道が原因で炎上したとのことだったのですが、一体何が起きたのでしょうか…。

2件の炎上問題などを、詳しく見ていきましょう。

トミックのプロフィールや嫁の情報は?

トミックのプロフィールや嫁の情報を、詳しくお伝えします!

一緒に、炎上問題も見ていきましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

プロフィール

https://www.bing.com/

・名前:トミック

・本名:松田智也

・生年月日:1990年1月13日

・年齢:29歳

・血液型:O型

・出身地:岡山県

トミックの年齢は2019年12月現在で29歳、出身地は岡山県という事が分かりました!

岡山県と言えば瀬戸内海に面しているので、魚に接する機会は幼いころからあったという事ですね♪

結婚して嫁がいる!

トミックが結婚を発表したのが、2018年3月31日です。

https://www.bing.com/

子供がいるのかと思いきや、姪っ子を抱っこしていただけでした。

動画には登場していないとのことだったのですが、勇逸潮干狩り企画で嫁らしき人物が登場しています!

出会いは約2年前の2016年のことで、本格的に結婚するまで彼女の存在は伏せてきました。

なので質問コーナーでも彼女の質問が当然来るわけですが、うまくかわしてきたようですね…。

トミックの嫁についての情報は公表されていません。

嫁は一般人でしょうから、やはり個人情報の公表はしないと予想します。

今後動画に嫁があわよくば登場する可能性もあるので、要チェックです!

Sponsored Links
Sponsored Links

なぜ炎上したの?

トミックが炎上したのは合計2回で、そのうち1つが熱愛系の情報だったのでご紹介します。

なぜトミックが炎上したのかというと、トミックが結婚報告をした際に以前女子高生と交際していたのにという情報が流れました。

詳しく調査するとそのうわさは全くのデマで、あるYouTuberがトミックと勘違いさせるような出来事を動画で配信したのが原因でした。

そのYouTuberが「シバター」なのですが、シバターがさしていた人物が「JⅭ食いアゴ男」です。

https://www.bing.com/

なぜJⅭ食いアゴ男がトミックと勘違いされるのかというと、トミックもアゴをいじられているからですね!

アゴがコンプレックスのようで、整形疑惑も浮上していたほど…。

しかし整形もしておらず、未成年のJⅭとの交際も事実ではありません!

噂が大きくなって、トミックが炎上する羽目になりました。

トミックが魚を捌ける理由とは!?動画でさばき方を見て見よう!

まずはトミックの素晴らしい魚捌きの動画を見ていきましょう。

この素早さと綺麗な三枚おろし、すごくないですか!?

トミックの魚を捌く動画を見て、魚捌きの練習をする方もいるほどです!

ではなぜトミックはこんなに魚を捌くのが上手いのか、多くの方が疑問に思っているでしょう。

その理由を詳しく調査したのですが、有力な情報は公表されていませんでした。

おそらく独学で魚のさばき方を、勉強したものと思われます!

以前の動画を振り返ってみると、多くの魚を捌いているのですが勇逸「フグ」を捌いていないことにお気づきでしょうか!

フグには毒があるので捌くために、フグ免許が必要になります。

最近では料理学校を卒業した方でもフグ免許を持っているほどなので、トミックは料理専門の学校には入学していないことが分かります。

その点から私はトミックは、魚を捌くのに独学で勉強したと予想しました。

もしくは私と同じような水産高校を卒業している人ならば、魚を捌く技術はある程度身につきます!

小さいころから魚に触れ合える土地出身という事も、関係している可能性がありますね。

独学にしてもここまで技術がある方は、初めて見ました♪

とても勉強になります!

Sponsored Links
Sponsored Links

トミックがサイコパスと言われている理由を動画でチェック!

トミックはなぜ、サイコパスと言われているのでしょうか…。

その理由について調査すると、どうやら生きたまま魚を調理する姿にあるようです!

動画を見て見ると楽しみながら生きた魚を調理して、おいしくいただいております(笑)

魚は生きたまま調理するのが鮮度があり、おいしいと思うのは私だけでしょうか…。

しかしトミックの場合は、笑いながら笑顔でという点がサイコパスに見えたのかもしれませんね!

そんな魚介類でも生きたまま調理したり、踊り食いという名前もあるぐらいですから、サイコパスではないような感じがします!

私もキャーキャーと騒ぎながら活イカや活カニを調理するのですが、周りにはサイコパスに見えているのかも…(笑)

トミックの新鮮な魚の捌き方やダイナミックな姿は、他のYouTuberにはないものなので今後も続けていってほしいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はトミックの嫁や、サイコパスと言われる理由などをご紹介しました。

私はトミックの魚を捌く技術は、専門学校か料理人の経験があるからと考えていたのですが、独学っぽいですね!

それにしてもトミックの魚の捌き方は、凄すぎて私も夢中になって視聴しました。

他にも様々な魚のうんちくなどを語っているので、本当に勉強になりますよ!

ぜひ一度トミックの動画をチェックして、今後の活躍を見ていきましょう。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆